Insomnia Music with DJ Nobu

The Japanese techno veteran selects music for sleepless nights...

Insomnia Music with DJ Nobu

The Japanese techno veteran selects music for sleepless nights...

Japan's DJ Nobu needs little introduction. A veteran of the dance, he's made an indelible mark on the techno scene in both his home country and across the pond. His Future Terror parties in Tokyo have become legendary, where he hosts international names but keeps the onus on local DJs.

This extends to the mission behind his label Bitta which acts as a platform for Nobu to present music coming from Japanese producers. Since launching back in 2012, he's released music from native artists like Wata Igarashi, Iora and Daisuke Uchimura, as well as several of his own EPs. 

Continuing this local lineage, at the end of last year he inaugurated Japanese festival Rainbow Disco Club's new label arm, Beyond Time and Space, by curating a special double compilation that features tracks from the likes of Laurent Garnier, Front 242 and Burial. 

Off the back of the release we asked him to share some of the tracks that clear his head on sleepless nights...

「説明不要の」と書かれることも多くなってきたのが日本屈指のDJであることを物語っている ― DJ NOBUは国内外のテクノシーンにおいて素晴らしい功績を築いてきた。

DJ NOBUの地元の千葉で開催されている伝説的なパーティーFuture Terrorでは、海外DJを招聘するだけでなくローカルDJにも力を入れており、彼の主宰レーベルBittaも日本人プロデューサーの楽曲を発表するプラットフォームになっている。2012年にスタートしてからWata IgarashiやIori、Daisuke Uchimuraだけでなく、自身のEPも同レーベルからリリースしている。

日本のフェスティバルRainbow DIsco Clubが昨年設立した新レーベルBeyond Space And Timeでは、キャリア初のコンピレーションアルバムを世に送り出したのも記憶に新しい。Laurent Garnier、Front 242、Burialなどの楽曲がコンパイルされたアルバムはDJ NOBUのレコードバックの中身が垣間見れるような内容になっている。 そんなリリースが続く中、眠れない夜に聴きたくなる5曲を彼にシェアしてもらった…。

These five songs will relax and enrich your mind. When you can't sleep, this kind of music can relieve you from your worries. I could relate Insomnia Music to my daily life more than others, this is why I chose this theme when selecting five songs.

この5曲は自分の気持ちをリラックスさせ音楽を聴くことによって心を無にさせ豊かにします。寝れない時はこうした音楽によって自分が持っている悩みなどから解放することができる。そうした私の日常から他のテーマより普段の生活に密着したInsomniaの時に聴く5曲を選びました。

Read Nobu's picks in Japanese below...

Sarah Davachi- Let Night Come On Bells End The Day

心安らかになる祝福的和音と、持続する永遠の引用のような多幸感。音楽の中へと入り込む、あるいは万華鏡の中へと侵入して、音の波に没頭する、ミニマル・ミュージックの至高体験的一枚。

Glenn Gould - Brahms 10 intermezzi for piano

BACHにも見られたGLENNN GOULD特有のメディテイトな部分に加え、どこか憧憬や情景なんかを思い起こさせる、そして心が震えてくる、とてもとても不思議な一枚。一つの究極の美しさ。ピアノ本来の魅力が詰まっています。

James Rhodes-Inside Tracks: The Mix Tape

James Rhodesは繊細かつとても人間臭いピアノをプレイする人。 眠れない夜は人間についてとことん考え込みたい。

Umeko Ando - Ihunke

ソフト・サイケデリックな普遍的魅力に満ち溢れたモダン・アイヌ伝統音楽の大傑作。アイヌ伝統歌唱(ウポポ)の第一人者、安東ウメ子によるソロアルバム金字塔。

Karl Richter / Münchener Bach-Orchester June - Aug.1958 Bach : Matthäus-Passion, BWV244

音楽の根源的な魅力が詰まっている。厳しい精神性、ドラマティックな迫力、格調の高さでは群を抜いている。


Buy DJ Nobu Presents Beyond Space and Time. Follow DJ Nobu.

Sarah Davachi- Let Night Come On Bells End The Day

This song consists of blissful chords and everlasting euphoria that soothes your mind. An exquisite example of minimal music that allows you to immerse yourself in the music or into a kaleidoscope and swim in the waves of sound.

COMMENTS